セルミーの栄養成分「コエンザイムQ10」の効果

コエンザイムQ10とは、かつてはビタミンQといわれたビタミン様化合物になります。
日本でも2001年に厚生労働省がコエンザイムQ10を食品として扱えるようにしたので、様々なサプリメントとして使われるようになりました。
人のコエンザイムはすべてコエンザイムQ10であり、脂溶性であり、水には殆ど溶けない物質でもあります。
光に弱いので光に当たることでどんどん分解される性質も持っています。
体内で生成はできるのですが加齢と共に減少していきます。
コエンザイムQ10は体内でエネルギーを生成するのにつくるのに使われます。
心臓を中心にあらゆる細胞内のミトコンドリアや血液中にコエンザイムQ10が含まれています。
その働きとしてあるのが、ミトコンドリアの動きを活発化させてくれる、ということなのです。
これが不足しますと糖、脂肪、タンパク質などをエネルギーにする、という能力が下がることになります。
まさに身体の原動力、エネルギーを作るということにおいて、コエンザイムQ10は非常に大事な成分になっているのです。

 

コエンザイムQ10の効果「エネルギー生成の促進」

コエンザイムQ10の大きなメリット、効果としてあるのがミトコンドリアに対して非常に重要な役割を果たしている、ということです。
ミトコンドリアによって人間は様々な栄養をエネルギーに変換しているのですが、コエンザイムQ10はこのミトコンドリア働きを活性化させてくれるのです。
エネルギー不足によって起きることは筋肉疲労、内臓の不調などです。
つまりは、元気がなくなってしまうわけです。
そのため、コエンザイムQ10をしっかりと摂取することによって多少間接的ではありますが、活力を身体に与えてくれるといえる効果があるわけです。

 

コエンザイムQ10の効果「身体の酸化抑制」

酸化というのは名前の通り、錆びていくことなのですが身体も錆びていきます。
年齢によって確実に起きることですし、運動とか食べ物に気をつけることによって遅らせることはできますが基本的に完全に抑え込むことは不可能です。
しかし、コエンザイムQ10には錆び、つまりは身体の酸化を抑え込むことができます。
酸化の原因は活性酵素です。
この活性酵素を少なくする効果がコエンザイムQ10にはあるのです。
若くても錆びることは一過性の身体的疲労感を生み出すことになります。
その為、なんとなく疲れを感じる、ということに繋がっていたりします。
その活性酵素の動きを抑え込んでくれるのがコエンザイムQ10なのです。
まさに身体の酸化抑制、元気になる効果があるわけです。

 

コエンザイムQ10の効果「アンチエイジング」

コエンザイムQ10にはアンチエイジング効果があります。
これで一躍有名になった、知名度を増したといっても過言ではないです。
そもそも身体によいということはどこかしらのアンチエイジングの効果はあるのです。
では、具体的にどんな効果があるのか、となりますがこれが美肌効果です。
化粧品として肌に塗って効果もありますし、体の内側からのアプローチも可能です。
つまりは、肌に塗ることも口から摂取することもメリットがある成分になっています。
美肌を保つ、肌の潤いを維持することにおいて、コエンザイムQ10は相当に優秀な成分です。
そして、かなり効果がでるまでが早いことでも知られています。
飲んだ瞬間にというわけではないですが、平均して2週間程度を継続して摂取をすることによってシワなどが目立たなくなったというデータがあるくらいです。
栄養成分によって得られる美容効果というのはそんなに早くないものが多いのですが、コエンザイムQ10は効果の早さでも定評があります。
肌の状態がよくなる、というのは当たり前ですが体調にも関わってきます。
身体全体の調子をよくする効果があるからこそ、肌艶がよくなる効果にもなっているわけです。