セルミーの栄養成分「ビタミンB群」の効果

ビタミンB群とは、群という名前の通り、一つのビタミンの名称ではないです。
水溶性ビタミンでビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種の総称となります。
ビタミンB群以外にもビタミンB複合体などとも呼ばれることがあります。
群として纏められている以上、共通する部分があるわけですがそれが水溶性であることと炭水化物をエネルギーに変える手助けをしてくれる、ということがあります。
基本的にビタミンは身体によいですが特にビタミンB群は体内のエネルギー変換においてかなり重要な役割を果たしているので不足しますと倦怠感なども引き起こす事があります。

 

ビタミンB群の効果「疲労回復」

ビタミンB群は糖質や脂質をエネルギーに変換してくれる効果があります。
そして、筋肉や神経の疲労を防いだり、回復させたりする効果もあるのです。
ですから、このビタミンが足りないことになりますとエネルギーの代謝の効率が下がる事になります。
その為、疲労感、倦怠感などに繋がることがあります。
食欲不振や貧血なども引き起こすのでどことなく不調、というような状態になってしまうのです。
疲れの原因とされている乳酸が身体に溜まっていくのを防いでもくれますから、まさに疲労回復によい栄養成分であるといえるのです。
ちなみにエネルギーを作る、変換するといいますとどうしても余計なカロリーを体内で作ってしまうのか、と思う人が多いのですがそうではないです。
これはあくまで既に摂取しているエネルギー源となる栄養を効率的に変換できるだけであり、別に太るわけではありませんから、その点は安心してよいでしょう。
キチンと糖質、脂質、タンパク質などのエネルギー変換ができるようになりますと活力を取り戻す事ができるようになります。
そうした効果がビタミンB群にはあるのです。

 

ビタミンB群の効果「肌の健康」

ビタミンB2には、皮膚や粘膜を正常にする効果があります。
皮膚を再生する力を増したり、傷を治したり、或いは粘膜を正常に機能させて細菌などを体内に入れないようにしてくれる効果もあります。
ビタミンB群をしっかりと摂取していますとターンオーバーが正常化されていき、肌を常に美しく保つ事ができるようになります。
また、体内で発生しいる過酸化脂質も分解する効果もあります。
この過酸化脂質が多くなりますと肌荒れやニキビなどの原因になったりしますから、
この過酸化脂質の分解効果からも肌の健康を維持する能力、効能があるといえるわけです。
肌が元気になる、というのはそもそも身体のほかの部分も元気でないと実現できないことでもあります。
肌の健康というと身体の表面からのアプローチと考える人も多いです。
しかし、実際には内側からの健康効果で実現できるのです。
ビタミンB群には、内側からの健康効果によって肌によい影響を与える、ということがあるわけです。

 

ビタミンB群の効果「髪の毛を艶やかにする」

ビタミンB群の中でも「葉酸」は赤血球の生成に携わっています。
ですから、これは造血のビタミンとも言われています。
貧血や不妊改善などの効果が期待できます。
妊婦、或いは妊娠したいという女性が葉酸をよく摂取するように、と厚生労働省が明確に表明しているくらいです。
このビタミンB群の中の葉酸ですが頭髪にも影響があります。
造血作用によって毛髪に栄養が行き渡ることになるからです。
血行促進、白髪予防などにもなるとされています。
髪の毛なんて極端な話し、健康には影響がないのでは、と思うでしょうが確かに生命維持活動においては髪の毛は二の次になる部分ではあります。
しかし、そのようなところにまで栄養が行き渡る余裕がある状態、ということが身体によいのは間違いないことです。
まして、髪の毛が美容に物凄く影響があることは言うまでもないことです。